音と食と生。

和歌山で歌ってる人。音楽と食べる事が好き。Twitter→@AKfrom4343 インスタ→ https://www.instagram.com/akfrom4343

Saucy dogについて語る、その2。1stアルバム「カントリーロード」

 

皆さんこんにちは。

 

 

atyannn.hatenablog.com

 

 

を覚えているでしょうか...。その1。と書いて続きがあると思わせながら、かなり長い間放置しておりました(笑)

つい先日、Saucy dog YAON de WAOOONを見に行って来て「あーやっぱサウシーすきだ!!」と思ったので、この勢いでアルバムについて語ります。野音やその他思い出含め気ままに書いていきますのでお付き合い下さい。

 

1stアルバム「カントリーロード」から。

まずこのアルバムを買った時の思い出だが、これはRUSHBALL2018を見に行った時に買いました。

YouTubeで「いつか」を聴いて「めっちゃいいバンドやん!」と、どハマりしたと同時期に、RUSHBALLで見る機会があったから見に行ったという感じ。その頃は、「the若手」という感じで(割と今もか)、見てる客席まで緊張が伝わってくるのが印象的だった。

アルバム買って、サインをもらって、写真撮ってもらって...「私もギターボーカルやってるので憧れています」と言った時「ギタボはやめらんないよねえ」って笑ってくれた石原さんをずっと覚えてる。

自分のめちゃくちゃ好きなバンドマンって、画面の中の人でLIVEで見ること自体が「存在している」っていう感動すら覚えるのに、喋るとなると感動に緊張にテンションが上がりすぎて上記以外の他の記憶があんまりない(笑)

ただ、この時握手してもらわなかったことをずっと後悔している!!次の機会なんてあるのか分からないけど、今度は勇気を出して言ってみようと思う。

そんな思い出と共に手に入れた「カントリーロード」めっちゃいい曲ばっかりなので是非聴いて欲しい。

 

1. 煙

このアルバムないし、サウシーの曲の中で一番好きかもしれない。読み方が「けむり」なのか「けむ」なのか、未だに分かってないがとにかく好きなんだ。

コード進行がまず好きで、私もこのコード使ってよく曲を作る。コード感とサウシーの良メロと好きな要素しかない。どの曲もメロディめっちゃ良いんだけどね。

アルバム1曲目からこんないい曲くると好きになるしかないよな。爽やかさと、切なさが共存している感じが物凄くグッとくる。LIVEで聴くと、出だしのギタボのみのところが切なさ増し増しに聴こえてかなり好き。

私はいつもジムで「煙」聴きながら走ってます(笑)

 

2. ナイトクロージング

私的に「ナイトクロージング」=フィッシュマンズのイメージがあるのだけど、どうだろう。クラムボンcoverがめちゃくちゃ素敵なので是非。

そんな私も、ナイトクロージングと聞くとサウシーも思い浮かべるようになった、コレも爽やかでいい曲。イントロやサビの爽やかさの割に、Aメロがトーン低めなのが好きだ。

「だいたいあなたはいつだって、言い訳ばっかで嫌んなっちゃった」っていうフレーズが、コーラスせとさんのボリューム大きめで、まさに「君」と話している感じが出ている。(と勝手に思っている。)

 

3. いつか

サウシーの代表曲。代表曲がバラード曲なの珍しい気がする。大体はアップテンポでノリのいい感じの曲なような…ジャンルにもよるけどね。あえてこの曲(バラード)が有名になるってのは、やっぱりメロディが良いことの現れだと思う。

LIVE見たことある人は知ってると思うけど、足でダンダンって2拍取ってから曲入りである。ライブハウスでは距離が近いので、その音が結構聞こえるのだけど野音で見た時は全然聞こえなかった。会場が大きくなって物理的に離れたし、なんだか遠くに行ってしまった気もして切なかった。よく言うやつね。元からお前のそばに居ないってつっこまれるけどさ、「私は面と向かって一度は話したことがあるんだぜ」って心の中でちょっと思う。

 

youtu.be

 

4. ジオラマ

野音で聴けたのレアで嬉しかった…。ちょっとやさぐれた感じが好き。「ゴーストバスター」が出た今ではかなりポジティブ系のイメージがあるが、この曲やwakeにも感じるしちょっとした苛立ちがインディーズぽくて良いなと思う。「カントリーロード」が発売されたのは2017年で、2016年にMASHA&Rのオーディションでグランプリを受賞しているので厳密にいえばリリース自体はメジャーになると思うのだけど。

「生きづらいだけで得るものはない」「パノラマ写真の人混みに流されて無かったことにされたんだろう」「明日を生きる価値もないな」って言ってしまっているのが、リアルな心情を書いてて逆に人間味があるなと個人的には思います。

2:20あたりからこれは何分の何拍子…?BPM落として三連符の連続なのかなと思ったり。こういうのをチラッと入れてくれるだけで聴くのが楽しくなるよね。

 

5. マザーロード

しっとりとした曲。「いつか」が代表曲でこちらを必ずライブでするので、「マザーロード」はあまり聴いたことはないような気がする。何年後かにこれを聴いた時のレア感をいつか味わいたいなみたいなことを考える。

せとさんのコーラス大きめなのが結構好きなポイント。

 

6. wake

「見渡せば部屋にはもう君との思い出ばっかりでした」ってよくある歌詞だけど、ここが一番好きでつい口ずさんでしまうのはやっぱりメロディの良さなのかなと。

カントリーロード」に収録されているのは、メンバー変更後のせとさんコーラス入りの音源でYouTubeは変更前の物。女々しい感じがしてこっちの方が私は好きかな。結局はどっちも好きなのだけど。

めちゃくちゃどうでもいいけど、初めて見た時「石原さん肌キレー!その辺の女子より綺麗…。」て謎に感動したのを思い出した。

 

youtu.be

 

 

7. グッバイ

LIVEの定番曲。「いつか誰かに言い訳した」の間奏が好きで、ギタードラムベースの掛け合いとか拍の取り方が変わっている所があったりとか。3拍4拍か7拍なのかは分からないけど(勉強しておきます)こういうところにやっぱり嬉しくなる自分。歌が好きなのはもちろん、演奏とか楽器の音色とか構成とか全部含めて曲が好きだなと改めて感じる。

最後に「ぐっばーいばーい」って歌う所が良い。野音は野外で外に音が逃げていくから合唱してる感はないけどもっと大きな会場でみんなで歌うと一体感とかがすごいのだろうなと。そういえば一昨年かその前のCDJがそんな感じだったような。

結構後悔の部分が多い歌詞だけど、最後に前向きになってて、よしここぞと頑張りたい時によく聞く。100%ポジティブなのは苦手で、これくらいが自分にとって丁度いいなと思います。

 

 

結構長くなってしまいましたが、愛は伝わったのではないかなと思います。

Saucy dogとてもいいバンドなのでぜひ聴いてね。

 

Country Road

Country Road

  • Saucy Dog
  • ロック
  • ¥1200

 

 

atyannn.hatenablog.com